株式会社川瀬建築

059-268-3394

コンセプト|CONCEPT

腕のいい大工と一緒に家を建てる

腕のいい大工と一緒に家を建てる
みなさんは、大工が墨をつけ、材料を刻むところを見たことがありますか?
最近ではなかなか見れなくなったこの光景。
今ではプレカット工場の機械で木を加工、
現場で組み立てるだけの簡単な家づくりが主流になってしまいました。
川瀬建築では、ホンモノの家づくりの良さを感じてほしいと
大工が建てる“昔ながらの木造建築” の手法にこだわっています。
何百年と佇む神社やお寺にも使われている昔ながらの木造建築。
どんな家を建てるのかは、すべて大工の腕にかかっているからこそ、
家を建てる時には、腕のいい大工を選んでほしい。
川瀬建築では、大工である代表の川瀬が
みなさまひとりひとりの想いを伺い、家づくりを行っています。
1 棟1 棟に時間をたっぷり掛けて、お客様にご納得いただける家創りを行っているため、
1 年間に建てられる棟数は10 棟までです。
その分、腕のいい大工、木材屋、選び抜かれた職人たちだけで
一棟一棟心を込めて建てております。
「腕のいい大工と一緒に家を創る」ことで
本当の『良かった』を実感していただきたい。
それが私の願いです。
いい家を建てるためには、焦らずじっくりと。
「あなたの家づくり」について語り合いませんか?
あなたの伝えたい想いをお聞かせください。

大切な家族の健康を考える三重の木

三重で育った木は、三重の気候や風土と相性が良く、
違った風土で育った木に比べると、強くて長持ちします。
川瀬建築がつくる家の木は、自然乾燥にこだわった
100%「三重の木」の認証材を使用しています。
強度があり丈夫なうえ、自然の木の香りがいつまでも続くので、
やすらげる空間で快適な時間をお過ごしいただけます。

熟練の大工が素材にとことんこだわります

今は工場でプレスカットされた木が現場に送られてくるため、
大工がホントにいいと思った木を選んでいないことがあります。
川瀬建築では、熟練の大工が、ひとつひとつの素材にこだわっています。

三重で育った木は、三重の気候や風土と相性が良く、
違った風土で育った木に比べると、強くて長持ちします。
川瀬建築がつくる家の木は、自然乾燥にこだわった
100%「三重の木」の認証材を使用しています。
強度があり丈夫なうえ、自然の木の香りがいつまでも続くので、
やすらげる空間で快適な時間をお過ごしいただけます。

想いが詰まった自由な設計

川瀬建築には、決まった間取りやプランもございますが、
お客様の想いをそのまま設計させていただく自由設計を得意としております。
どのような暮らしをしているか、どのような家を建てたいのかをじっくりとお伺いし、
設計プランを作成していきます。和風・ヨーロピアンどのようなテイストにもできます。
社長自らで設計も行っておりますので、無駄な中間コストもかかりません。
お客様の要望を叶えるのは当然、そこに大工ならではのご提案もさせていただきます。
川瀬建築は、お客様の想いを大事にし、
建築のプロとして 良いご提案が出来るように最善を尽くしています。

家族に合わせた機能性

住宅の基本性能である「機能性」。
毎日を過ごす場所だから、うんと使いやすく、
もっと便利にしたいというのが川瀬建築の想いです。
それぞれの家族にあった、動きやすい、使いやすい、
大きすぎない、狭すぎない・・・
すみずみまで妥協をせず、あなたとあなたのご家族にしっかりと
フィットした川瀬建築の「機能性」を感じてみてください。

ちょっとマニアックな話ですが…

川瀬建築の木造建築のこだわり

家が完成してしまえば、骨組みである木材は見えません。
でもこの木材をどう選ぶかで、後の家の善し悪しが決まります。
川瀬建築では、施主様にもこれから家を建てるお客様にも、施工途中を見に来てほしいとお伝えしています。
私たちが建てる木造建築についてまとめてみました。

耐久性に優れたこだわりの柱

耐久性に優れたこだわりの柱

屋根や床など家を支える重要な部材。
一般的には柱の素材に「無垢材」と「集成材」が使われていますが、川瀬建築では三重の木に認定されたヒノキの「無垢材」を使用しています。
さらに言いますと、無垢材の中でも、半年から1 年かけて乾燥させたヒノキの自然乾燥の柱を使います。
よくコストを下げるために通常一週間ほどで乾燥できる機械乾燥の柱が使われていることがありますが、『木材を強制的に乾燥させている』ため水分と一緒に木本来の脂分も抜けてしまい、言わばカスカス状態の木になってしまうため、川瀬建築では自然乾燥の木にこだわっています。

強い耐力壁を作る横架材

強い耐力壁を作る横架材

木造住宅では柱と梁で構成される場所に、横架材としての梁を組み合わせることで、より強い耐力壁にすることができます。
なるべく小さな木にして、最低限のコストにしているメーカーもありますが、川瀬建築では、なるべく大きな木を入れています。
代表川瀬の大工の経験で養われた、感覚が重要になってきます。

こだわりのマグサ 窓台

こだわりのマグサ 窓台

一般的に多いのは、45mm の薄い木材が使われていますが、
川瀬建築では、120mm 角や、大きな窓になると120mm×180mm ほどの木材を使用しています。
これは、見た目の美しさだけでなく、地震に対して有効な耐震部材になります。

垂木

垂木

屋根板を支えるため、棟から軒に渡した木のことを垂木といいます。
一般的に垂木の間隔の標準は45 ㎝が多いのですが、
川瀬建築では、ヒノキの垂木が一尺(30.3cm)ピッチで入ります。
こうすることで、家を雨風から守る立派な屋根を作っていきます。

材質や大きさを下げて、家のコストを下げたり、
材木だけでなく、下地材を釘打にするのか、ビスで止めるのか、断熱材は何を使用するかなど
完成してしまうと見えない部分でコストを下げる方法はいくつもあります。
そのような現状を知っている私たちだからこそ、
ひとつの家が出来上がるまでに必要な材料、技術、職人、
そのすべてに妥協しないという強い想いをもって取り組んでいるのが川瀬建築の家づくりです。